スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


北教組事件 長田被告初公判 うそで塗り固めた「聖職者」(産経新聞)

【法廷から】

 うそつきは泥棒の始まり−。昔、小学校の先生から言われた言葉を思い出した裁判だった。19日に開かれた民主党の小林千代美衆院議員陣営への北海道教職員組合(北教組(ほっきょうそ))違法献金事件の初公判。教職員の政治活動とカネをめぐる疑惑を解明する場として期待されたが、明らかになったのは、子供たちに「うそはいけない」と教えるべき教師像からはほど遠い“聖職者集団”の実態だった。(大竹直樹)

 ■不可解な変貌

 「子供を教える立場の教職員組合がこのような違法行為をしたことに対し、深く反省している」

 札幌地裁で最も広い805号法廷。被告人席には、政治資金規正法(企業・団体献金の禁止)違反の罪に問われた北教組委員長代理の長田秀樹被告(50)の姿があった。

 教育大学を卒業し、平成13年までは学校現場に赴任。いまも北海道内の小中学校などの教職員約1万9千人が加入する教職員組合のトップとして君臨する長田被告。法廷では、ややうつむき加減で何度も「反省」「信頼回復」という言葉を口にした。

 しかし、長田被告が逮捕された当初、北教組は「法に違反する事実は一切なく、逮捕は不当な組織弾圧と言わざるをえない。組織一丸となってたたかっていく」と徹底抗戦の声明を出した。長田被告も取り調べに黙秘を貫いてきた。それが初公判で一転、小林氏陣営への1600万円の違法献金を認めたばかりか、「声明は誤りだった」と手のひらを返したのだ。

 かつては学力テストの実力阻止をめぐる暴行事件の裁判で、約15年にわたる法廷闘争を繰り広げた北教組の“変貌(へんぼう)”だった。

 ■消えた会計帳簿

 公判では、より大きな「うそ」を覆い隠そうとしているのではないかと勘ぐりたくなる北教組の実態が明らかになっていく。

 長田被告は、違法献金に使った1600万円は組合員から集められた「対策費」から出費したと説明。使途を明かさなくても自分の裁量で出金の判断ができると答えた。対策費は「一般会計で、年間約2000万円程度」で、小林氏陣営から領収書も受け取っていなかったという。実態は限りなく「裏金」に近い。

 だが、検察側は公判で対策費の原資を明らかにはできなかった。なぜなら直近6年分の会計帳簿が、北教組本部や長田被告宅の捜索で発見できなかったからだ。検察側は「帳簿が組織的に隠滅され、長田被告も関与した」と指摘。被告人質問でも帳簿の所在について厳しく追及した。

 「捜索のとき、帳簿類を発見できなかった。どこにあったのか!」

 若い検察官の口調がにわかに荒々しくなった。長田被告は「必要な書類は保管してある」と回答。検察官が「どこに?」とたたみかけると「分からない」「知らない」「(会計担当にも)聞いていない」と繰り返し口をつぐんだ。

 これまでの取材で、北教組がプールしていた「主任手当」の運用益が違法献金の原資に充てられた疑いが強いことが分かっている。主任手当は学年主任らに支給される公金だが、北教組は当初からこの制度に反対し、支給された主任手当を拠出させる運動を展開してきた。だが、長田被告の口から、真相が語られることはなかった。

 ■「不正の巣窟」

 「組合の会計は不正の巣窟(そうくつ)。帳簿はもう破棄したのではないか」。元北教組組合員の男性は、産経新聞の取材にこう証言。「組合幹部は、自分を校長や教頭よりも偉いと思っているエリート。教壇に立たないから聖職者という意識を完全に忘れている」と吐き捨てるように言った。

 長田被告は公判で、北教組の政治活動の“正当性”を饒舌(じょうぜつ)に語り、弁護側も「教育条件改善のためには政治の力が必要」などと、選挙活動へのこだわりを見せた。

 違法献金の原資を裏付ける証拠を隠しておきながら、平然と政治活動の“正当性”を強調する。その姿は確かに、「聖職者」にはほど遠いように思える。

 「うそつきは泥棒の始まり」。小学校の先生から教わったその言葉。改めて辞書を引いてみた。

 平気でうそをつく人は小さな悪事を繰り返すが、そのうち罪悪感が薄れ、大きな犯罪をも平気になる−。

【関連記事】
民主・小林千代美氏、北教組事件で議員辞職へ
北教組違法献金事件 「民主的教育」 でもその前に 原資解明されず
長田被告、起訴内容認める 北教組違法献金
北教組初公判 居座りが高める政治不信
北教組事件で初公判 元経理担当「間違いない」
中国が優等生路線に?

<小沢氏>「青木氏は既成の政治家」 (毎日新聞)
首相「環境に配慮した新しい形をつくる」 普天間飛行場の辺野古移設で(産経新聞)
<新党改革>鳩山邦夫氏の長男ら6人を公認(毎日新聞)
女装し公然わいせつ、自衛官逮捕=店員に下半身露出―茨城県警(時事通信)
<愛知一家5人殺傷>長男の鑑定留置決定 地検豊橋支部(毎日新聞)

許可証偽造し産廃運搬 三重の会社社長逮捕(産経新聞)

 愛知県警豊田署は18日、無許可で産業廃棄物の収集、運搬を行ったとして、廃棄物処理法違反の疑いで三重県桑名市福島の産廃処理会社社長、鵜木紀治容疑者(68)を逮捕した。

 豊田署によると、鵜木容疑者は愛知県豊田市での産廃運搬許可が平成20年9月に失効した後、許可証をカラーコピーなどで偽造。取引先に示して産廃の運搬業務を請け負っていた。「失効に気付いたが、仕事がもらえなくなると困るので偽造した」と供述している。

 逮捕容疑は3月、豊田市の産廃処分施設から無許可で廃プラスチックなど42トンを収集し、和歌山市の処分施設に運んだとしている。

1000億円は疑問=口蹄疫対策で財務副大臣(時事通信)
「宮崎牛」種牛49頭、口蹄疫疑いで殺処分へ(読売新聞)
【集う】「音禅」法要(4月24日、京都市北区の大徳寺)(産経新聞)
高砂熱学工業の元経理社員逮捕=1億余横領容疑−札幌地検(時事通信)
外国人ハイエース盗、部品輸出の貿易会社社長ら逮捕へ(産経新聞)

鳩山首相「場当たり発言、一切ない」(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は6日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、昨年の衆院選前に「最低でも県外(移設)」と言及するなどした自身のこれまでの発言について、「場当たりの発言は一切していない」と述べた。首相公邸前で記者団が「すべての発言が場当たり的ではないか」と質問したのに対して答えた。
 首相は「公約は党の公約。最低でも県外というのは自分自身の発言だ」と重ねて強調。「沖縄の負担軽減、そのための米軍再編の見直しをしっかり行いたいというのが公約だ」とした上で、「自分自身が首相になった以上、その言葉を実現したいと思って今日まで政権の中で努力してきた」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

<文化庁>高松塚とキトラ古墳保存へ検討会 東京で初会合(毎日新聞)
もんじゅ 運転再開 火災から14年ぶり(毎日新聞)
政府案取りまとめへ詰め=普天間移設で閣僚会議(時事通信)
幼保一体化 かすむ公約 文科省と厚労省対立/保護者も賛否(産経新聞)
<女性遺体>死因はくも膜下出血 殴られたような傷 横浜(毎日新聞)

ニュース検定 感謝の集いを開く 新聞社幹部ら60人参加(毎日新聞)

 入試や就職試験でも出題される「時事問題」の理解度を測る「ニュース時事能力検定試験」が開始から4年目を迎え、主催する毎日新聞社とNPO・日本ニュース時事能力検定協会は22日、東京都千代田区の帝国ホテルで、「ニュース検定感謝の集い」を開いた。共催している全国の新聞社や放送局の幹部ら約60人が参加。これまで受検者は8割以上が20代以下で占めており、若者の間で「N検」として定着しつつあることを喜び合った。

【新刊本】『2010年度版ニュース検定公式問題集1・2・3級』

 N検は07年開始。全国の新聞社や放送局計31社が共催し、全国四十数都市の試験会場で実施されている。小中学生レベルの5級から社会人上級レベルの1級まで5段階に分かれており、これまでに8回の検定で累計5万5000人が受検。合格者2万5000人に合格証が発行された。この日、主催者あいさつの中で朝比奈豊・毎日新聞社社長は「今後、(N検が)教育現場や企業などで、さらなる導入が促進されるよう願っている」などと話した。

 次回の第9回検定は6月20日に実施予定で、申し込みは5月21日まで受け付ける。

【関連ニュース】
ニュース検定:団体受検、姫路の2校優秀賞 飾磨工業高と淳心学院中高が受賞 /兵庫

殺人容疑で不明の夫に逮捕状 伏見の母子殺人事件 京都府警(産経新聞)
“ネット住宅”自分のペースで家造り(産経新聞)
<訃報>山村若晴司さん67歳=日本舞踊家(毎日新聞)
地上、ヘリ両部隊は「65カイリ以内」に=米側が要求−普天間移設(時事通信)
「パンでおびきよせ」鹿撃った、女認める(読売新聞)

恒久減税案を否決=市議報酬半減案も−名古屋市議会(時事通信)

 名古屋市議会は21日の本会議で、河村たかし市長が提案した恒久的な市民税10%減税のための条例改正案と、議員報酬を半減させる条例改正案をともに反対多数で否決した。
 市民税減税は、河村市長の最大の公約。市議会は昨年12月、いったん恒久減税条例案を可決したが今年3月、市財政への影響を考慮し、減税を2010年度に限定する改正を行った。
 これに河村市長が反発、臨時議会を招集し、減税を恒久化させる条例改正案と、市議の報酬を半減させる条例改正案を提案。市議会の2委員会は20日、「減税財源が明確でない」「市長は外国に比べ名古屋市議の給料は高いというが、データが客観的でない」などの意見の下、両条例案をそれぞれ全会一致で否決していた。 

【関連ニュース】
恒久減税、議員報酬半減条例案を否決=名古屋市議会委員会
恒久減税、議会に再提案=「1年限定」改正求める
首長ら「日本創新党」旗揚げ=党首に山田杉並区長、参院選5議席目指す
議会解散以外に方法なし=市民税減税の公約実現で
菅原文太氏が河村市長を応援=市議会解散問題で

焼け跡から2遺体、首に圧迫の跡…富山(読売新聞)
【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(5)(産経新聞)
<記者過労死>原告の請求棄却 東京地裁(毎日新聞)
<長崎県美術館>日本初、エル・グレコ「聖母戴冠」の展示を延期 火山噴火の影響で(毎日新聞)
米フェデックス機が部品脱落=最大130センチ、滑走路に−成田空港(時事通信)

仙谷戦略相、消費税増税の凍結解除求める(読売新聞)

 仙谷国家戦略相は13日の閣議後の記者会見で、消費税について「消費税だけではなく税制改革、歳入改革を掲げて選挙をしなければ、国民に対して甚だ失礼だ。今の税収のままなら(財政は)大きな壁にぶちあたる」と述べ、消費税増税は4年間凍結するとした鳩山政権の方針の見直しが必要だとの認識を示した。

 また、「3年先に(消費税増税を)掲げて衆院選を戦うのか、あるいはもうちょっと前倒しになるのか」とも語り、消費税率引き上げを争点に衆院を任期中に解散する選択肢も検討すべきだと指摘した。

 鳩山政権では、菅財務相が消費税を含めた税制改革論議に取り組む方針を示しているが、増税そのものには慎重な姿勢を崩していない。

純金や銀のミニチュアかぶと展示販売(産経新聞)
ノルウェー・トロムソのオーロラ 天空覆う神秘のカーテン(産経新聞)
民主内で消費税巡る議論、参院選の争点に?(読売新聞)
ノエビア前副社長、認否を留保=ストーカー事件で初公判−神戸地裁(時事通信)
「首相は外交下手」=徳之島反対集会で社民・阿部氏−普天間(時事通信)

酒気帯び容疑の神奈川県議、議会懇親会後に運転(読売新聞)

 自民党神奈川県議の榎並正剛(えなみせいごう)容疑者(41)(横浜市保土ヶ谷区霞台)が13日未明、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕された事件で、榎並容疑者は12日夜から神奈川県庁近くで県職員や同僚県議との懇親会に参加し、ビールや焼酎を飲んだ後、県庁の駐車場から車を運転して事故を起こしていたことが13日、伊勢佐木署の調べなどで分かった。

 同党神奈川県連は同日、榎並容疑者を除名処分とし、「近く県議を辞職する」との見通しを示した。

 同署幹部によると、榎並容疑者は飲食店などで瓶ビール4、5本と焼酎の水割りを5、6杯飲んだ後、タクシーで県庁に行き、駐車していた軽乗用車を運転。13日午前0時45分頃、横浜市中区桜木町の国道で、軽ワゴン車に追突したという。

 同党県連や県議会局によると、榎並容疑者は県議会予算委員会のメンバーで、委員の同党県議4人と、県議会局議事課の職員5人の計10人で、12日午後6時30分頃から、横浜市中区内の飲食店で定例県議会の打ち上げを兼ねた懇親会を行ったという。1次会は午後9時30分頃に終わり、榎並容疑者を含む数人が2次会や3次会に参加。13日午前0時過ぎ、榎並容疑者が1人でタクシーに乗車したところまで、県職員2人と同僚県議1人が確認していた。

 榎並容疑者は懇親会前には、県の不正経理問題の再発防止策を検証する県議会の調査特別委員会に出席しており、調べに対し、「飲み会の話を聞いていなかったので県庁に車を止めていた。飲んだ後、車を取りに行かなければならないと思った」と供述。「酒をやめるか、車に乗るのをやめるかしたい」と反省の言葉を口にしているという。

 榎並容疑者に追突された軽ワゴン車の男性会社員(23)は、読売新聞の取材に対し、「ろれつが回っておらず、名前も名乗らなかった。県議が飲酒運転をするなんてとんでもない」と怒りをあらわにした。榎並容疑者から強い酒のにおいがしたため、110番したという。

 榎並容疑者は2007年の県議選で横浜市保土ヶ谷区選挙区から出馬して初当選し、1期目。同党県連青年総局長などを務め、11年春の県議選で同党公認候補に内定していた。父は元県議会議長の寛氏。

 ◆榎並容疑者を自民県連が除名◆

 自民党県連は13日、緊急会合を開き、榎並容疑者を除名した。県連内で記者会見した菅義偉会長は「二度とあってはならない。県民の皆さんに心からおわびする」と陳謝した。竹内英明幹事長は、まだ本人と接触できていないとしたが、家族の話などから、榎並容疑者が近く県議を辞職するとの見通しを示した。

 松沢知事も同日の定例記者会見で「大変遺憾。再発防止策を県議会でしっかり考えてもらいたい」と苦言を呈した。

火災 強風で8棟焼き延焼中 札幌(毎日新聞)
ケージ内でテン捕獲=トキ襲撃、同一かは不明−環境省(時事通信)
デフレ克服に増税必要=財源確保で菅財務相(時事通信)
村本さん死亡「大変遺憾」=タイ騒乱、沈静化に努力を−鳩山首相(時事通信)
高速料金案を批判=自民・石破氏(時事通信)

与謝野氏が自民離党届=谷垣総裁に提出(時事通信)

 自民党の与謝野馨元財務相は3日昼、党本部で谷垣禎一総裁と会談し、離党届を提出した。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<威力業務妨害>商品にカッターの刃…都内のコンビニ3店舗(毎日新聞)
月内にも新党結成の意向=5人確保に自信−平沼氏(時事通信)
自民幹事長代理に河野氏 執行部刷新は否定 「中途半端」の批判も(産経新聞)
足利事件 菅家さん選挙権を回復へ (産経新聞)
二重投票、「想像もせず」=鳩山首相(時事通信)

<出入国管理基本計画>「外国人活用」議論の必要性盛り込む(毎日新聞)

 法務省は30日、今後5年間の出入国管理の指針となる第4次出入国管理基本計画を策定した。国内の人口減少による労働力低下への対応として「外国人受け入れを、国の将来像と併せ検討・議論する必要がある」との内容を盛り込んだ。「社会に活力をもたらす外国人をひきつける」として、研究者・経営者ら専門分野を持つ外国人に、在留期間延長など優遇措置も取る。

 また、外国人との共生社会実現に向けた取り組みとして、関係省庁や自治体の連携が重要と指摘。長期間日本に滞在する永住者のうち、日本に定着していると認められた外国人については、在留管理の面で配慮を検討するとした。【石川淳一】

<原爆症>10人認定 甲状腺機能亢進症は初(毎日新聞)
<千葉佐那>ドラマで注目、龍馬慕ういちずさに墓参者急増(毎日新聞)
パンダの良浜、おめでた?ベビー今夏誕生に期待(読売新聞)
たらい舟 ゆらゆら春の川下り…芭蕉ゆかりの岐阜・大垣(毎日新聞)
答申無視の派遣法改正、労政審が異例の抗議へ(読売新聞)

「ゲゲゲの女房」最低視聴率更新=NHK朝ドラ(時事通信)

 29日から始まったNHK総合の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の初回平均世帯視聴率が関東地区14.8%、関西地区10.1%だったことが30日、ビデオリサーチの調べで分かった。関東は、2007年春放送の「どんど晴れ」の14.9%、関西は09年秋の「ウェルかめ」の11.8%を下回る過去最低記録を更新した。 

【関連ニュース】
最低視聴率を更新=NHK朝ドラ
田中裕子さん、西太后そっくり=「蒼穹の昴」、中国でも好評
脚本家の田向正健氏死去
朝ドラヒロインに瀧本美織さん=NHK
「崖の上のポニョ」、関東で29.8%

<私のしごと館>わずか7年で幕 京都31日閉館(毎日新聞)
普天間問題「皆が納得する案を努力している」 防衛政務官、米国防次官補と会談(産経新聞)
スプリングキャンペーン埼玉県所沢市【バイクパーク所沢駅東口】期間限定!!今なら礼金サービス!!この機会に、自分のバイク保管庫を検討されてはいかがでしょう。
線路に下りはねられる、東海道新幹線43本遅れ(読売新聞)
普天間問題「皆が納得する案を努力している」 防衛政務官、米国防次官補と会談(産経新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
総量規制
債務整理
レンタルサーバー ランキング
クレジットカード現金化 比較
債務整理 無料相談
selected entries
archives
recent comment
  • 北教組事件 長田被告初公判 うそで塗り固めた「聖職者」(産経新聞)
    みっくみく (08/27)
  • 北教組事件 長田被告初公判 うそで塗り固めた「聖職者」(産経新聞)
    CP (05/27)
  • 北教組事件 長田被告初公判 うそで塗り固めた「聖職者」(産経新聞)
    ジェームズ (05/12)
  • 北教組事件 長田被告初公判 うそで塗り固めた「聖職者」(産経新聞)
    桃医 (01/12)
  • 北教組事件 長田被告初公判 うそで塗り固めた「聖職者」(産経新聞)
    ソルバルウ (01/04)
  • 北教組事件 長田被告初公判 うそで塗り固めた「聖職者」(産経新聞)
    玉木よしひさ (12/30)
  • 北教組事件 長田被告初公判 うそで塗り固めた「聖職者」(産経新聞)
    こういち (12/26)
  • 北教組事件 長田被告初公判 うそで塗り固めた「聖職者」(産経新聞)
    ポリエモン (12/21)
  • 北教組事件 長田被告初公判 うそで塗り固めた「聖職者」(産経新聞)
    夜沢課長 (12/07)
  • 北教組事件 長田被告初公判 うそで塗り固めた「聖職者」(産経新聞)
    ちんたまん (12/03)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM